2013年10月16日

わんこの留守番上手は飼い主思いかも?

犬に留守番を上手くさせるには、まず普段からあまりにもベッタリと同時にいすぎない事です。

生活の中では適度な距離感を保ち、犬が一人ぼっちになってもストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)を感じないような状況を作っておきます。

犬に留守番(小さい子だけで留守番させるのはとても危険です)をさせるなら、サークル(円形になった柵のようなもの)の中にいる練習(最初はできなくても、次第にできるようになっていくものです)をさせることからはじめます。

広い場所に置き去りにされるよりも、ご自身の居場所がある方が犬も安心するからです。

最初は、お気に入りのおもちゃやおやつを使用して、サークルの中に誘導する事をして、扉は開けておきます。

そして、少しでも中にいられたら褒めてあげましょう。

犬が自らサークルにいれるようになったら扉を閉めて、とりあえずは短い時間から慣れさせるようにし、だんだん慣れてくると時間を長くします。

そして、サークルの中に大人しくいる事ができる事なら、外にだしてうんと褒めてあげてください。

ただし、外に出すのと共に褒めてしまうと、外に出ることがよい事だと犬が勘違いしてしまうはずですので、褒めるタイミングを間違えないように気をつける必要があるでしょう
posted by 仔猫 at 21:00| Comment(0) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

わんこの噛み癖を治すにはどうしたら良い?

犬の噛み癖を治すには、犬が興奮しないように、出来る限り冷静に、その場ですぐに叱ることがポイントです。

犬と人間との主従関係をしっかりと教えこむよう、毅然とした態度で取り組んでみるのがお勧めです。

噛み癖を治すしつけ(時には体?も必要になることもありますが、虐待とは違うものです)は、大型犬なのか小型犬なのかによっても、少し違いがあります。

小型犬ならね、「痛い!」と叫ぶなどすることで嫌がっていることを伝えたり、「ダメ!」「ノー!」の静止の言葉をかけて、犬の注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)がこちらに向いてから叱るようにしてください。

大型犬は、声がけをして犬がこちらを見た瞬間に、臀部や太もものあたりを軽く蹴るといいかもしれませんね。

いずれにしろ、噛もうとしたら、はっきりと大きな声で静止します。

その後、頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)を地面に押さえつけて叱るなど、気をながく持って続けてください。

また、噛み癖は成犬になってしまった場合には直すのは困難になるため、子犬のうちからあま噛みを許さないなど、しつけ(漢字では躾と表記し、将来、円滑なコミュニケーションを行えるようになるためにも必要なことです)ははじめから行なって行くのも大切なことなんです。

愛(時には偽善だったり、押し付けだったり、自己都合だったりすることもあるでしょう)情を持って、終始一貫した態度で教えこむなさってくださいね
ラベル:犬の躾
posted by 仔猫 at 21:00| Comment(0) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

ボーダーコリーてどんなわんこかな?

ボーダーコリーとは、どれくらいの犬なのでしょうか。

ボーダー(境界線、模様の名前、境界性人格障害の通称など、色々な意味があります)コリーは牧羊犬として長年使われてきた犬種で、色々な犬種のなかでも特に、牧羊・牧畜能力が秀逸と認知されて、このまれて使われてきました。

大変高い運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)能力を持ちながら、人間にたいする服従心も強く、家庭のペットとしても人気を博しているのです。

一般的に、犬種のほとんどはその外見や血統で定められているのですが、ボーダーコリーの場合には、牧羊能力が高いものをボーダー(太い幅のボーダーは太って見えるといわれますが、幅が細いと逆に痩せてみえることもあります)コリーと呼ぶようになったといった歴史的経緯がありますので、その外見は多種多様であると言う特徴があるのです。

毛色も黒と白の斑が比較的多いのですが、赤毛・茶色・セーブルなど、バラエティに富んでいて、毛の長さも長毛種の方が多いのですが、短毛のボーダーコリーもいらっしゃるでしょうね。

従順で頭がいいため、たいへんしつけ(時には体?も必要になることもありますが、虐待とは違うものです)やすい犬種ですし、耐寒能力や耐暑能力も比較的強い方ですので、ペット初心者でも飼いやすいかもしれませんよね。

ただ、活発で常に何かをして遊んだり、作業するのが好きですので、散歩などは多めにしてあげる必要がありますね
posted by 仔猫 at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。