2013年10月19日

わんこの散歩は飼い主思い?

犬に散歩(歩きやすい靴や快適な服装など、継続するためには装備も大切ですね)を上手くさせるには、最初の散歩(歩きやすい靴や快適な服装など、継続するためには装備も大切ですね)デビューの時から、散歩(歩きやすい靴や快適な服装など、継続するためには装備も大切ですね)嫌いの犬にならないように気をつける必要がありますね。

まず、ひとまず犬を外の世界に慣れさせること。

いきなりリードをつけて歩かせるよりも、抱っこで外の空気(日本語では、空気を読まない、空気のような存在という表現もよく使われますね)
や音に触れさせてあげるくらいでいいかもしれませんよ。

その後、犬が外の雰囲気に慣れてくると、一緒に歩かせるようにしてくださいが、この時もいきなりリードウォークなどをして犬を引っ張ったりしないように、散歩(加齢と共に足?の筋肉が?えてしまうものなので、毎日少しずつでも楽しみながら続けていくと、体力づくりのためにもいいですね)を楽しいと感じるように気を配ってあげてください。

おもちゃを用意して、散歩(最近では、ちょっとしたブームになっていて、散歩コースなどを紹介したガイド本なども売られています)の途中で遊んであげたりするのも良い方法ですね。

散歩(できるだけ違うコースを歩くと、脳の活性化につながるのだとか)が習慣になってきたなら、色々なしつけ(子供や動物に対して行うもので、主に善悪の区別をつけさせることを目的としていることが多いでしょう)をしていって下さいが、基本はリードでコントロール出来ることです。

リードは右手で持ち、左手で犬をコントロール(特に精神を制御するのが難しいといわれていますね)して、犬があなたの左側からそれようとしたり、グイグイ引っ張って自ら先に進もうとしたら、リードをピンと引き寄せます。

同時に、拾い食いや無駄吠え(早めにやめさせないとご近所迷惑になってしまいますね)、マーキング(自分のテリトリーだと主張する行為を指します)なんかもしないようにしつけ(時には体?も必要になることもありますが、虐待とは違うものです)てください。

また、散歩(「散歩の達人」という雑誌もあります)は毎日しなくてもいいですし、時間もマチマチで大丈夫です。

却って、その方が犬にも(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)負担にならないかもしれませんね
posted by 仔猫 at 21:00| Comment(0) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

ビーグルについて考える

ビーグルに関して、詳しくご紹介していきましょう。

ビーグルは元々、狩猟犬として使われてきた小型犬で、大変嗅覚が優れている犬です。

また、集団で狩りをすることによりいう習性もあるのです。

嗅覚に関しては様々な犬種の中でも特に秀逸だと言われていて、このため、日本では空港の検疫探知犬としても活躍しています。

ビーグルは、スヌーピーですごく有名のアメリカの人気(どうして人々の支持を集めているのかはっきりとはわからないこともあるものです)マンガ「ピーナッツ」で、一躍有名になりました。

飼い主だけじゃなく、他の動物やペット、家族以外のしらない人に対しても、すごく友好度が高くて飼いやすい犬ですし、短毛種ですから手入れも楽です。

実は、ビーグルには様々なサイズがいるのですが、小さい方がペットとして好まれる傾向があったため、どんどん小型化されていったとも言われているのです。

元々は狩猟犬だったこともありますし、非常に好奇心旺盛で冒険心に富み、何かを追いかける気質があるそうです。

散歩などと言った運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)の時間は、長めに取る必要がありますね。

それに、ヘルニアになりがちな犬種の上に、食事に貪欲な傾向がありますから、肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)にならないよう注意しなけれねなりませんね。

茶と白・茶と黒と白の柄が多く、その柄はそれぞれで違いるものです
posted by 仔猫 at 09:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

スピッツについて考える

スピッツとは、一体どういった犬なのか、御存知でしょうか。

スピッツには海外犬種もいますのですが、日本では日本スピッツのことをスピッツと呼ぶのが一般的といわれているのです。

小型の白い犬で、長毛種であり、耳が立って尖っていて、目と鼻が黒いのも、その特徴でしょう。

日本スピッツは日本の固有種で、色が白に限定されていると言った特徴があるんです。

神経質(本人はもちろん、周囲の人にもストレスを感じさせることが少なくないでしょう)で警戒心が強くよく吠えるため、番犬(鳴き声が騒音だと思われてしまうこともあるでしょう)に適していることでしょう。

また、白くて見た目が大変可愛らしいことから、昭和の高度経済成長が始まった頃には、すごく人気のある犬種でした。

しかし、高度経済成長で核家族化(夫婦のみ、夫婦と未婚の子供、一人の親と未婚の子供で構成される世帯をいいます)が進み、アパート暮らしの家庭がふえるようになり、むしろ、その声がうるさいと言う事で、徐々に人気が廃れていったと思っているのです。

その後、無駄吠えしないように改良もされましたが、海外犬種が多く輸入されるようになれね、人気(時には口コミで評判になることもあります)は更に小型でお洒落な海外犬種に移行し、現代では中々見かけなくになっているんです。

日本固有種の日本スピッツの他に、アメリカンスピッツ(カタカナでの表記が正式名称ですが、SPITZという表記がされることもあります)、イタリアン・スピッツ、ジャーマン・スピッツなども存在しているのです
posted by 仔猫 at 21:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。