2013年10月19日

わんこの散歩は飼い主思い?

犬に散歩(歩きやすい靴や快適な服装など、継続するためには装備も大切ですね)を上手くさせるには、最初の散歩(歩きやすい靴や快適な服装など、継続するためには装備も大切ですね)デビューの時から、散歩(歩きやすい靴や快適な服装など、継続するためには装備も大切ですね)嫌いの犬にならないように気をつける必要がありますね。

まず、ひとまず犬を外の世界に慣れさせること。

いきなりリードをつけて歩かせるよりも、抱っこで外の空気(日本語では、空気を読まない、空気のような存在という表現もよく使われますね)
や音に触れさせてあげるくらいでいいかもしれませんよ。

その後、犬が外の雰囲気に慣れてくると、一緒に歩かせるようにしてくださいが、この時もいきなりリードウォークなどをして犬を引っ張ったりしないように、散歩(加齢と共に足?の筋肉が?えてしまうものなので、毎日少しずつでも楽しみながら続けていくと、体力づくりのためにもいいですね)を楽しいと感じるように気を配ってあげてください。

おもちゃを用意して、散歩(最近では、ちょっとしたブームになっていて、散歩コースなどを紹介したガイド本なども売られています)の途中で遊んであげたりするのも良い方法ですね。

散歩(できるだけ違うコースを歩くと、脳の活性化につながるのだとか)が習慣になってきたなら、色々なしつけ(子供や動物に対して行うもので、主に善悪の区別をつけさせることを目的としていることが多いでしょう)をしていって下さいが、基本はリードでコントロール出来ることです。

リードは右手で持ち、左手で犬をコントロール(特に精神を制御するのが難しいといわれていますね)して、犬があなたの左側からそれようとしたり、グイグイ引っ張って自ら先に進もうとしたら、リードをピンと引き寄せます。

同時に、拾い食いや無駄吠え(早めにやめさせないとご近所迷惑になってしまいますね)、マーキング(自分のテリトリーだと主張する行為を指します)なんかもしないようにしつけ(時には体?も必要になることもありますが、虐待とは違うものです)てください。

また、散歩(「散歩の達人」という雑誌もあります)は毎日しなくてもいいですし、時間もマチマチで大丈夫です。

却って、その方が犬にも(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)負担にならないかもしれませんね
posted by 仔猫 at 21:00| Comment(0) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

わんこの留守番上手は飼い主思いかも?

犬に留守番を上手くさせるには、まず普段からあまりにもベッタリと同時にいすぎない事です。

生活の中では適度な距離感を保ち、犬が一人ぼっちになってもストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)を感じないような状況を作っておきます。

犬に留守番(小さい子だけで留守番させるのはとても危険です)をさせるなら、サークル(円形になった柵のようなもの)の中にいる練習(最初はできなくても、次第にできるようになっていくものです)をさせることからはじめます。

広い場所に置き去りにされるよりも、ご自身の居場所がある方が犬も安心するからです。

最初は、お気に入りのおもちゃやおやつを使用して、サークルの中に誘導する事をして、扉は開けておきます。

そして、少しでも中にいられたら褒めてあげましょう。

犬が自らサークルにいれるようになったら扉を閉めて、とりあえずは短い時間から慣れさせるようにし、だんだん慣れてくると時間を長くします。

そして、サークルの中に大人しくいる事ができる事なら、外にだしてうんと褒めてあげてください。

ただし、外に出すのと共に褒めてしまうと、外に出ることがよい事だと犬が勘違いしてしまうはずですので、褒めるタイミングを間違えないように気をつける必要があるでしょう
posted by 仔猫 at 21:00| Comment(0) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

わんこの噛み癖を治すにはどうしたら良い?

犬の噛み癖を治すには、犬が興奮しないように、出来る限り冷静に、その場ですぐに叱ることがポイントです。

犬と人間との主従関係をしっかりと教えこむよう、毅然とした態度で取り組んでみるのがお勧めです。

噛み癖を治すしつけ(時には体?も必要になることもありますが、虐待とは違うものです)は、大型犬なのか小型犬なのかによっても、少し違いがあります。

小型犬ならね、「痛い!」と叫ぶなどすることで嫌がっていることを伝えたり、「ダメ!」「ノー!」の静止の言葉をかけて、犬の注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)がこちらに向いてから叱るようにしてください。

大型犬は、声がけをして犬がこちらを見た瞬間に、臀部や太もものあたりを軽く蹴るといいかもしれませんね。

いずれにしろ、噛もうとしたら、はっきりと大きな声で静止します。

その後、頭(日本では、脳の死が人間としての死だと定義されていますよね)を地面に押さえつけて叱るなど、気をながく持って続けてください。

また、噛み癖は成犬になってしまった場合には直すのは困難になるため、子犬のうちからあま噛みを許さないなど、しつけ(漢字では躾と表記し、将来、円滑なコミュニケーションを行えるようになるためにも必要なことです)ははじめから行なって行くのも大切なことなんです。

愛(時には偽善だったり、押し付けだったり、自己都合だったりすることもあるでしょう)情を持って、終始一貫した態度で教えこむなさってくださいね
タグ:犬の躾
posted by 仔猫 at 21:00| Comment(0) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。