2013年10月18日

ビーグルについて考える

ビーグルに関して、詳しくご紹介していきましょう。

ビーグルは元々、狩猟犬として使われてきた小型犬で、大変嗅覚が優れている犬です。

また、集団で狩りをすることによりいう習性もあるのです。

嗅覚に関しては様々な犬種の中でも特に秀逸だと言われていて、このため、日本では空港の検疫探知犬としても活躍しています。

ビーグルは、スヌーピーですごく有名のアメリカの人気(どうして人々の支持を集めているのかはっきりとはわからないこともあるものです)マンガ「ピーナッツ」で、一躍有名になりました。

飼い主だけじゃなく、他の動物やペット、家族以外のしらない人に対しても、すごく友好度が高くて飼いやすい犬ですし、短毛種ですから手入れも楽です。

実は、ビーグルには様々なサイズがいるのですが、小さい方がペットとして好まれる傾向があったため、どんどん小型化されていったとも言われているのです。

元々は狩猟犬だったこともありますし、非常に好奇心旺盛で冒険心に富み、何かを追いかける気質があるそうです。

散歩などと言った運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)の時間は、長めに取る必要がありますね。

それに、ヘルニアになりがちな犬種の上に、食事に貪欲な傾向がありますから、肥満(体重や体脂肪が多すぎることをいいます)にならないよう注意しなけれねなりませんね。

茶と白・茶と黒と白の柄が多く、その柄はそれぞれで違いるものです
posted by 仔猫 at 09:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。