2013年10月20日

ダルメシアンてどんないぬかな?

ダルメシアン(アメリカの消防署では、マスコットとして飼うこともよくあるそうです)とは、どのような犬なのか、その特徴をご説明したいと思います。

ダルメシアン(馬に慣れやすい性質があるといわれています)は、ディズニー映画(最近では、フィルムではなく、デジタルのものが増えました)の「101匹ワンちゃん」で、一躍有名になった大型犬です。

体全体に牛っぽい黒い斑模様があるのが、ダルメシアン(馬に慣れやすい性質があるといわれています)の一番の特徴です。

耳が垂れていて、短毛種の犬です。

元々は、馬車の馬を野生動物から守る伴走犬として使用されていたそうで、大変従順で警戒心が強く、持久力(全身持久力、局所持久力などに分けることができます)があるのではないでしょうか。

大型犬そうはいっても、すごく人懐っこい性格(クレッチマーやユング、ルドルフ・シュタイナーなどがそれぞれに類型論を考えています)で、主人にもよく懐くため、高い人気(ロングセラー、ベストセラーという言葉もありますが、一瞬だけ集中して、後はすぐに廃れてしまうということも少なくありません)を誇っているようです。

また、警戒心が強い上に身体が大きいために、番犬(防犯対策としてはそれなりに効果があるみたいです)としての能力も高いだといえるのではないでしょうか。

ダルメシアン(馬に慣れやすい性質があるといわれています)は発祥が不明の犬種で、グレートデーンやポインターの血統ではないかと言われているんですが、はっきりとはわかっていません。

元々、馬車の伴走犬をしていたように、王侯貴族に人気があるペットでしたが、ディズニー映画(最近では、フィルムではなく、デジタルのものが増えました)により一般人のペットとしても人気が出ました。

長時間走る能力に長けているため、日々の運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)を欠かすことが出来ません。

それに、聴覚(ヒトの可聴域は、20HZから20000HZくらいです)障害や尿結石になりがちなになりますよ
posted by 仔猫 at 08:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。