2013年10月20日

ボクサーってかっこいいわんこ?

ボクサーってどういう犬なのか、知っていましたか?

ボクサーは、ブルドック(イギリス海軍のマスコットになっており、世界中にマニアがいるといわれています)のような潰れた顔つきの中型犬です。

耳が垂れている短毛種の犬になるんです。

顔は一見怖そうに見えるのですが、大変人懐っこい犬で、番犬(鳴き声が騒音だと思われてしまうこともあるでしょう)適性が高い犬となっています。

牧羊犬や狩猟犬として改良された犬で、その後は、警察や軍隊でも使われるようになっています。

飼い主にたいへん忠実でフレンドリーな性格のため、ペットとしても人気(どうして人々の支持を集めているのかはっきりとはわからないこともあるものです)が高まる一方、番犬(犬種によって向き不向きがあるようです)としての素養も認められている犬です。

短毛種なので手入れも楽とは言っても、暑さには非常に弱い犬ですので、夏は注意が必要でしょう。

しかし、全般的にしつけやすく育てやすい犬で、運動も毎日散歩をさせてあげる程度で十分だそうです。

ヨーロッパでは人気があるのですが、国内では中型犬と言う点もあり、あまりひんぱんにみかけることはないだといわれているのです。

心臓や股関節に疾患を持つ事が多いと呼ねれる犬種でもある為、心臓と股関節の検査は受けさせておきたいだと言われているんです。

毛色はその殆どが茶系か黒系とはいっても、まれに白いボクサー犬もいることでしょうね
posted by 仔猫 at 10:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダルメシアンてどんないぬかな?

ダルメシアン(アメリカの消防署では、マスコットとして飼うこともよくあるそうです)とは、どのような犬なのか、その特徴をご説明したいと思います。

ダルメシアン(馬に慣れやすい性質があるといわれています)は、ディズニー映画(最近では、フィルムではなく、デジタルのものが増えました)の「101匹ワンちゃん」で、一躍有名になった大型犬です。

体全体に牛っぽい黒い斑模様があるのが、ダルメシアン(馬に慣れやすい性質があるといわれています)の一番の特徴です。

耳が垂れていて、短毛種の犬です。

元々は、馬車の馬を野生動物から守る伴走犬として使用されていたそうで、大変従順で警戒心が強く、持久力(全身持久力、局所持久力などに分けることができます)があるのではないでしょうか。

大型犬そうはいっても、すごく人懐っこい性格(クレッチマーやユング、ルドルフ・シュタイナーなどがそれぞれに類型論を考えています)で、主人にもよく懐くため、高い人気(ロングセラー、ベストセラーという言葉もありますが、一瞬だけ集中して、後はすぐに廃れてしまうということも少なくありません)を誇っているようです。

また、警戒心が強い上に身体が大きいために、番犬(防犯対策としてはそれなりに効果があるみたいです)としての能力も高いだといえるのではないでしょうか。

ダルメシアン(馬に慣れやすい性質があるといわれています)は発祥が不明の犬種で、グレートデーンやポインターの血統ではないかと言われているんですが、はっきりとはわかっていません。

元々、馬車の伴走犬をしていたように、王侯貴族に人気があるペットでしたが、ディズニー映画(最近では、フィルムではなく、デジタルのものが増えました)により一般人のペットとしても人気が出ました。

長時間走る能力に長けているため、日々の運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)を欠かすことが出来ません。

それに、聴覚(ヒトの可聴域は、20HZから20000HZくらいです)障害や尿結石になりがちなになりますよ
posted by 仔猫 at 08:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。